サプリメントでバストアップしよう!

大豆イソフラボンやプエラリアを活用!

メインイメージ

バストアップ大豆イソフラボンじゃダメ?

大豆イソフラボンとは、植物性フラボノイドの一種。
活性酸素を除去する抗酸化作用や女性ホルモンと似た働きが注目されています。

ダイゼインやゲニステインが大豆イソフラボンの代表的な成分で、大豆の胚芽部分や大豆製品に多く含まれています。
例えば食品であれば、納豆や味噌、豆乳、豆腐、きな粉などから摂取することが出来ます。

抗酸化作用や女性ホルモン様作用があることから、特に女性のエイジングケアに役立つとして人気を集めている成分です。

大豆イソフラボンには、グリコシド型とアグリコン型という種類があります。
グリコシド型は、配糖体といってイソフラボンの周囲が糖に囲まれているタイプです。
一方、アグリコン型は糖に囲まれていないタイプです。
糖の有無によってどんな違いがあるかというと、摂取後の吸収率に差が出てきます。

グリコシド型イソフラボンの場合は、糖に囲まれている分吸収率が悪くなり、アグリコン型は周りになにも付いていないのでイソフラボンの吸収率が高くなるのです。

つまり、より効果を求めたいのであれば、アグリコン型イソフラボンを摂取するようにすると良いでしょう。

イソフラボンには女性ホルモン様作用があるという事で、バストアップにも効果が期待されていますが、ダイゼインやゲニステインは、プエラリア・ミリフィカに含まれているミロエステロールやデオキシミロエステロール、プエラリンほど強い女性ホルモン様作用はありません。
穏やかに作用していくことから、時間をかけて健康面と美容面を整えて行きたい方に好まれています。

しかし、バストアップ効果をとにかく早く実感したい!と思っている方には、やはりエストロゲン様作用の強いプエラリア・ミリフィカの方が適していると言えるでしょう。

協力ではないとは言え、大豆イソフラボンにはエストロゲン様作用があります。
女性ホルモンのバランスを調整したり、コラーゲンを増やしてお肌のハリを良くしたり、新陳代謝を高める作用もあります。
女性ホルモン分泌量の低下による不調に悩まされがちな更年期の女性や、男性ホルモン分泌量が多すぎて抜け毛や体毛の毛深さなどに悩んでいる男性にもピッタリな成分です。
さらに、悪玉コレステロール値を抑制する作用もあるので、男女共に生活習慣病予防にも役立てることが出来ます。

基本的に食品中に含まれている成分なので、身体に優しい物ではありますが、過剰摂取に注意しながら継続摂取すれば、健康・美容共に嬉しい効果が得られる素晴らしい成分であると言えるでしょう。
一日の摂取量の目安は40~50mgとされています。

大豆製品が苦手な方などは、イソフラボンのサプリメントも豊富に出ていますので、サプリメントから摂取することも出来ます。
サプリメントから摂取する場合は、それぞれの製品の目安量守って飲むようにしましょう。