サプリメントでバストアップしよう!

大豆イソフラボンやプエラリアを活用!

メインイメージ

イソフラボンを徹底検証

バストアップと言えば、エストロゲン様作用を持ったイソフラボンが非常に高い効果を示してくれることで知られています。
しかし、そもそもイソフラボンとは一体何なのでしょうか?
その概要について解説します。

まず、第一にイソフラボンはフラボノイドの一種です。
フラボノイドというのは植物二次代謝物の総称で、カルコンから派生するものを指しています。
科学的に合成されたものではなく、天然に存在する有機化合物群であるというのも特徴として挙げられるでしょう。
その為、安心して使うことができます。

そんなイソフラボンを豊富に含む植物として挙げられるのが大豆なのです。
また、プエラリア・ミリフィカもイソフラボンやその他のエストロゲン様作用を持っている成分をたっぷりと含んでいる植物として知られています。
プエラリアは大豆の約40倍近くも豊富にイソフラボンを配合しています。
そんな理由からバストアップにはプエラリアが適していると言われているのです。
上記の素材からも分かる通り、イソフラボンは大豆やクズなどをはじめとするマメ科の植物に豊富に含まれる傾向があります。

そもそもイソフラボンは成分の総称です。
ゲニステイン、ダイゼインなどの成分をまとめてイソフラボンと呼んでいるにすぎません。
そして、それらにはそれぞれ特徴があります。
単純に「イソフラボン」と書いてあるだけでは、その特徴までは分からないのです。
バストアップに取り組むのであれば、それにあったものを探したいところですね。

例えば、ゲニステインはもっともポピュラーなイソフラボンの一種です。
大豆やプエラリアにももちろん配合されていますが、珈琲からも微量に検出されているのが面白いですね。
このゲニステインはエストロゲン様作用を持っています。
バストアップ以外には、白血病や癌への予防効果があるということがメリットとして挙げられるでしょう。
前立腺癌や乳がん、大腸がんなど様々な癌の予防に活用されています。

この他にはダイゼインが有名ですね。
ダイゼインもダイズやプエラリアなどに配合されています。
エストロゲン様作用を持っているので、バストアップにも効果的です。

この他にもイソフラボンには何種類もの成分があります。
それぞれのメリットを最大限に活かしましょう。

ちなみに、プエラリアにはイソフラボン以外にもプエラリンなどのバストアップ効果を持った成分が含まれています。
プエラリンやミロエステロールなどがその代表例です。
これもバストアップにプエラリアが向いていると言われる理由です。