サプリメントでバストアップしよう!

大豆イソフラボンやプエラリアを活用!

メインイメージ

豊胸手術VS豊胸サプリメント

バストアップについて考える際に真っ先に頭に浮かぶのが、美容整形外科での豊胸手術ではないでしょうか。
豊胸手術とは、胸部の一部を切開して生理食塩水などの入ったバッグを埋入することでバストのボリュームをアップさせるという方法です。
現在では胸部に埋入するバッグの種類も様々なものがあり、より自然な感触に近付けられています。
埋入後は半永久的にバストが維持できて、万が一バッグが破損しても、身体に吸収されるため安全である、とされています。

しかし、実際のところはそんなに簡単な話ではありません。

まず、生理食塩水バッグやコヒーシブシリコンバッグ、ハイドロジェルバッグ、CMCバッグなど様々な種類があります。
生理食塩水バッグは一番古くからあるオーソドックスなタイプですが、水と同じようなものが入っているので感触が自然ではありません。
それ以外のタイプは感触に考慮して作られているのですが、実はバッグを埋入して年数経過するとともに水のようになってしまうという事実もあります。

バッグを埋入した後、胸の中でバッグが破損することはほとんどない、とされていますが、実はそれほど珍しいことではありません。
バッグが破損して中身が漏れていても中々気が付かずに、皮膚に穴が開いてから気が付く、というケースもあるのです。

このことからも分るように、身体にもともとある成分だから、万が一漏れても安全という触れ込みは手放しに信用して良い物ではありません。

バッグが破損しなかったとしても、定期的に(数年から10年程)バッグ交換などのメンテナンスが必要になるという点も忘れてはいけません。
最初だけではなく、継続的に数十万円という費用が掛かるのです。

この他にも、自分の余分な脂肪を吸引してバストに注入し、バストアップを図るという方法や、ヒアルロン酸を注入してバストアップするという方法もありますが、何れも時間経過とともに吸収されて元のサイズに戻っていく方法です。

また、これらの豊胸手術を行うと、胸に異物が入っている事やシコリが出来ることから乳がん検診がしにくくなります。
その為、乳がんの発見が遅れたり、豊胸していない人に比べて豊胸手術をしている人の乳がん発生率が高いというデータもあります。

医師の技術によってバストの形などの仕上がりにかなり差があり、失敗してしまうと身体にもお財布にも負担が甚大になることも知っておきましょう。

術後のダウンタイムも長く、日常生活に支障が出るような痛みが1ヶ月ほど続くこともあります。

このようなリスクを考えると、豊胸手術は出来るだけ避けたいところです。

幸いなことに、最近では、豊胸に使える効果の高いサプリメントが一般でも買えるようになりました。
特に、プエラリア・ミリフィカのサプリメントはバストアップ効果が高く、非常に短期間でバストアップ効果が実感できるものもあります。
バストアップしたいと思っている方は、まずプエラリア・ミリフィカのサプリメントを使ってみると良いでしょう!